正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

シャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

 

正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

分け目や頭頂部分が薄くなったと感じるときは、何らかの頭皮のトラブルによって毛髪が細くなってしまっていたり、抜け毛が普段より多くなっているそうです。

 

抜け毛が増える原因の多くは、頭皮の炎症です。

 

ですから頭皮の改善は、薄くなっていく髪を守るためには、必ずやらないといけません。

 

ここからは、頭皮の改善に必要なことを3ステップに沿って書いていきます。少し堅苦しい部分もありますが、大事なことなので、しっかり読んでください。

 

まずは、シャンプーに対する意識を変えましょう。シャンプーは「髪を洗う」ものではなく、皮膚である「頭皮を洗う」ものです。

 

いくら髪の毛の指通りがいいからといっても、使っているシャンプーが頭皮を傷めるものであれば意味がありません。

 

そのシャンプーの販売コピーが「ツヤ、コシを蘇らせるシャンプー」と謳っていても、健康な頭皮なくして本当のツヤ、コシは生まれませんから。

 

それでは、まずお風呂場に行って、現在使っているシャンプーを確認してみましょう。

 

抜け毛のケアにはアミノ酸系シャンプーを選ぶのが正解

 

一般的に多く流通しているのは、高級アルコール系シャンプー

 

正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

シャンプーの種類は、その使われている成分から大きく分けると「高級アルコール系シャンプー」、「アミノ酸系シャンプー」、「石鹸系系シャンプー」の3つの種類に分類されます。

 

TVCMをやっていたり、ドラッグストアなんかで良く見かけるシャンプーは、高級アルコール系シャンプーです。高級といっても値段が高いという意味ではなく、炭素数が多いという意味を持っています。

 

一般的に炭素数が多いと泡立ちが良くなり、洗浄力もアップすると言われています。大量生産にも適した面を持っているため、市場の流通量も多く、購入しやすい価格帯ですので愛用者が一番多いと思います。近所のドラッグストアなどで買うことが出来るので便利ですしね。

 

高級アルコール系シャンプーは、使い心地の良さや泡立ちのなめらかさが一番の特徴です。使用感や香りなども色々な種類のものがあり、TVCMでのイメージ戦略を駆使して、企業側も消費者に良いイメージを持ってもらおうと努力しています。

 

ただし、高級アルコール系シャンプーのデメリットは、その強すぎる洗浄力にあります。洗浄力が非常に強いため、頭部全体を保護している皮脂まで一緒に洗い落としてしまう場合があるのです。

 

含まれている成分も有刺激性の成分が多く、肌の弱い敏感肌などの人は、かぶれてかゆみが出るなどの皮膚のトラブルを起こす可能性があります。なので、高級アルコール系シャンプーは、頭皮のケアを考えた場合にはあまり適していないシャンプーの種類といえます。

 

薄毛の対策に一番使用されているのはアミノ酸系シャンプー

 

正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分に髪のタンパク質を形成しているアミノ酸を使用したシャンプーで、育毛サロンなどでも使用されています。シャンプーの種類の中では、最も刺激が少なく洗浄力にも優れています。

 

髪の毛や肌は、その大部分がアミノ酸によって形成されたタンパク質によってつくられているため、同じ成分で構成されたシャンプーを使用することで、ほとんど頭皮には刺激を与えることなく髪の毛を洗うことが出来ます。

 

洗浄力にも優れていますので、きちんと毛穴の汚れは落とすことが出来ますし、皮脂をごっそり洗い落としてしまう高級アルコール系シャンプーと違って、頭皮に必要である皮脂はそのまま残してくれるので、頭皮のケアには最適なシャンプーと言えます。

 

ただし、デメリットもあります。使用感の面では、皮脂を残しつつ洗浄するため、髪の毛を洗った後の爽快感は、高級アルコールシャンプーに比べて物足りない感じがするかなと思います。

 

コストの面で言えば、他の高級アルコール系シャンプーにくらべ高価なものが多いですし、アミノ酸系の成分の配合濃度が高いものは、近所のドラックストアなどでは取扱いしていない事が多いので、通販などを利用しないと購入できない場合がほとんどです。

 

ただ私の場合、買い物とかはほとんどネットでするタイプなので不便と感じたことは無いですね。コストについても、めぐみはシャンプーにお金をかける派ですのでそこまで気にしていません。

 

自分に合った正しいシャンプーを選んだら、次は正しいシャンプーのやり方を覚えましょう

 

正しいシャンプーのやり方は出来ていますか?

 

以下に、正しいシャンプーの手順を書いておきます。特に難しいことや面倒くさいことはありません。いつもより丁寧にすれば大丈夫です。

 

髪の毛を洗う前にブラッシングを

 

髪の毛を洗う前には、まず毛髪全体をブラッシングしましょう。このことにより、髪の毛についた小さなちりやほこりを落とすと共に、古い角質を頭皮から剥がしておきます。

 

ブラッシングの後は、頭皮を軽くマッサージしておくと、毛穴の汚れがさらに洗い落としやすくなります。

 

シャンプー前に髪の毛をすすぐ

 

シャンプー剤を使って洗う前に、38度前後くらいのぬるま湯でいったん髪全体をすすぎます。この際、あまりお湯の温度が熱過ぎるとかえって頭皮を乾燥させてしまいますので、注意してください。

 

地肌もしっかり濡らし、髪の毛の表面の汚れを落としておきます。私はいったん髪をすすいでから湯船につかるようにしています。

 

シャンプー剤をつけ髪の毛を洗う

 

正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

シャンプー剤を手のひらにとって、しっかり泡立てます。泡立ては専用の泡立てネットなどを使うと便利です。

 

十分に泡立ったら襟足から徐々に上に向かって、両手の指の腹でゆっくりと頭皮をもみ込むように洗っていきます。

 

洗う順番は、襟足→後頭部→側頭部→頭頂部→前頭部→生え際の順です。

 

この際、ゴシゴシ洗ったり、爪を立てて洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。あくまでソフトに地肌の汚れを落とす感じで丁寧に洗いましょう。

 

しっかりと地肌をすすぐ

 

正しいシャンプーは「髪を洗う」ものではなく、「スキンケア」と心得よ!

髪の毛を洗い終えたら、十分に洗い流します。シャワーは、下から上に向けてあて、髪の毛の流れに逆らうようすすぎます。

 

生え際や前頭部などは、手でシャワーのお湯をため、ためた湯に頭皮を浸す「ためすすぎ」をしましょう。

 

すすぎが十分にできてないとシャンプー剤が頭皮に残ってしまい、フケやかゆみなどの原因になってしまいますので、丁寧に洗い落としましょうね。

 

リンスやトリートメントなどは、頭皮のケアには関係ありませんが、使用する場合は痛んでいる毛先にしっかりなじませるようにして、その後のすすぎはシャンプー同様、丁寧に洗い落としてください。

 

どうですか?正しいシャンプー選びと正しいシャンプーのやり方はこんな感じです。

 

シャンプーを自分に合ったものに変えたあとは、頭皮マッサージです。めぐみの野望はまだまだ続きますよ~www

 

次は→ 頭皮マッサージはデキる女の常識!しっかりほぐしてアンチエイジング。