分け目が薄い女性の為のサイト

薄毛で悩んでいる女性のおよそ半数は男性型脱毛症(AGA)

今や脱毛に悩むのは男性に限ったことではなくなってきています。

 

皮膚科の脱毛症外来には女性の患者さんも驚くほど多く、しかも薄毛で悩んでいる女性のおよそ半数は「男性型脱毛症(AGA)」を発症しています。

 

近年は女性の男性型脱毛症の若年齢化が進み、10代、20代の女性でも男性型脱毛症にかかる女性が増えてきているそうですね。

 

閉経後に一時期的に女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが乱れ、脱毛の症状が現れるのは分かるような気がしますが、まだ女性ホルモンの分泌が盛んな10代、20代でそのような症状が出るのは理解しづらいところです。

 

皮膚科の先生によると、男性型脱毛症の症状が現れた女性の血液中の男性ホルモンの値を調べても、多くの場合は特に数値が高いということは無いそうです。

 

薄毛で悩んでいる女性のおよそ半数は男性型脱毛症(AGA)

女性の男性型脱毛症のはっきりとした原因はまだ分かっていないのです。

 

やはり、昔と違い今は食生活もずいぶん変化してますし、ストレスが溜まりやすい環境というのも影響があるもかも知れません。

 

現代社会では働く女性が急増しています。

 

女性が社会で認められるためには、男性以上に頑張らないと、そうそうは認めてもらえません。

 

そうすると女性にも闘争心っていうのがかなり出てくるんですよね。男性ホルモン分泌しまくりな感じですwww

 

そのせいか、バリバリ働く女性の中に「男性型脱毛症」が増えてきてるんです。

 

男性型脱毛症とは、男性ホルモンの影響で頭頂部から前頭部にかけての太くて長い毛髪が、細くて短い毛(軟毛)に変わり、生え際が後退してくる症状です。

 

ただ、女性の場合は生え際が後退する症状よりも頭頂部が薄くなる傾向にあるようです。

 

まぁ、谷村新司さんのようなおでこをしている女性を見たことがないのは確かですが・・・

 

女性の男性型脱毛症を治すには、女性専用の育毛剤を根気よく使い続けること

 

薄毛で悩んでいる女性のおよそ半数は男性型脱毛症(AGA)

気になる治療方法ですが、男性向けには男性型脱毛症の治療薬としてフィナステリドという画期的な内服薬が、2005年より販売されるようになりました。

 

しかし残念ながら女性には処方してもらえません。

 

フィナステリドの効果が女性には認められてないんですね。

 

それと、妊娠中もしくは妊娠しているかもしれない女性がフィナステリドを服用すると、胎児の陰茎や陰嚢といった男性外性器が正常に発達しないという深刻な副作用があるそうです。

 

ですから、女性の男性型脱毛症を治すには内服薬ではなく、外用薬が中心になりますので、女性専用の育毛剤などを使用しながら根気強く治していくしか方法はないということなのです。

 

今は育毛剤も女性専用のものが発売されています。即効性のあるものではありませんが、頭皮のケアをマメにしておくことで、薄毛の進行を遅らせたり、目立たなくする努力はしておきたいですね。