生え際をしっかり染めるなら素手で染められる白髪染め

投稿日:

やっぱり気になる生え際の白髪を染めるには?

女性イメージ写真白髪染めで髪の毛を染めてかゆいという方は、ジアミン系の成分にかぶれているのはほぼ間違いないと思いますが、かぶれないように染めるには、地肌に染料が絶対付かないようにしないといけません。

ただ、染料を完全に地肌に付けないように染めるのは、熟練した美容師の方でも難しいと言います。

私の場合でもそうなんですが、自宅で白髪染めをする際に、地肌に染料を付けずに染め上げるのってまず無理ではないでしょうか?

白髪染め専用のスムーズコームを使ったとしても、地肌に付けたくなければ、やはり生え際からかなり距離を取って染めることになると思います。

でも、白髪で一番気になるのは生え際なんですよね。毛先が染まっても、生え際の白髪が目立ったままだと染めた意味が無いような気がしますし、髪の毛が少し伸びるとまたすぐ染め直さないといけません。

生え際を気軽にキチンと染めるという点では、素手で染められるトリートメントタイプの白髪染めが一番使いやすいです。

地肌に付いても大丈夫なので、生え際付近まで簡単にしっかりと塗り込めますのでとてもラクチンです。

素手で染められるヘアカラートリートメントタイプの白髪染めが人気です

実際、そういう悩みを持っている方は多いようで、ネットで白髪染めの人気ランキングを見ると、素手で染められるタイプの白髪染めがランキング上位に多いようです。

素手で使えるということは、直接肌についても大丈夫という事ですし、頭皮に染料が付いても簡単に流し落とせます。自宅でもしっかりと生え際まで染めることが出来るというのはとても便利ですよね。

素手で染められるタイプの白髪染めというのは、アレルギーを引き起こすジアミン系や香料(パラペン)を一切含まず、天然由来の植物成分で色を入れていくタイプで、地肌にとてもやさしくつくられています。

毎日使用しても大丈夫なので、気になる生え際の白髪が染まるまで何度でも染め直すことができます。

素手で染められるといっても、まれに爪の中に入ると爪が黒くなったりしますが、シャンプーをした後には落ちている場合もありますし、だいたい翌日には気にならない程度に落ちています。

どうしても爪が黒いのが気になる方や、次の日になっても色が残っている場合は、乾いたタオルに歯磨き粉を少々付けて磨くように拭くと綺麗に落とせますので、試してみてくださいね。

おすすめの白髪染めヘアカラートリートメント一覧はこちら

-白髪染めについて

Copyright© 白髪染めでかゆみが出たら必ず読んでほしいまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.