知れば知るほど怖い!頭皮がかゆくなる原因は?

投稿日:

かゆみの原因は白髪染めに含まれる「ジアミン」という化学物質によるアレルギー反応

白髪染めの後の頭皮のかぶれやかゆみの一番の原因となるのが染料の中に含まれる「ジアミン系」の化合物です。

ジアミン系の中でも一番アレルギーを起こしやすくする化合物は「パラフェニレンジアミン」と呼ばれる成分です。

パラフェニレンジアミンは酸化剤によって酸化されると黒く発色する特性を持っているため、黒色や暗褐色に染めるのが本来の目的である白髪染めにとっては主成分として無くてはならない成分です。

パラフェニレンジアミンは物質単体としては、劇物に指定されているほど毒性が強く、アレルギー症状が出た場合には頭皮だけでなく、顔やうなじにもかぶれなどの症状を引き起こします。

放っておくと皮膚炎のみならず、まぶたや顔の腫れ、呼吸困難やアナフィラキシーショックなど命にかかわるほどの症状に発展する場合もあるほどです。

一度、アレルギー反応が出ると二度と治らない。さらに悪化する場合も?

この方のブログ記事「ジアミンにかぶれて扇風機おじさんに・・・」にもあるのですが、パラフェニレンジアミンのアレルギーをそのままにしておくと大変なことになります。

このブログ記事を書かれた「美容室応援インストラクター グッチ」さんという方は美容師さんのようですが、ジアミン系のアレルギーの危険性を伝えるために、あえて腫れてしまった顔写真付きでこのブログ記事を書いてくれたようです。やはりアレルギーは怖いですね・・・。

症状が出てしまった方の中には「今まで白髪染めでかゆくなったことがなかったのにいきなり症状が出た!」という女性も多いです。

人間の身体は、体内に侵入してきた毒性物質(抗原またはアレルゲンとも呼びます)に対して抗体(対抗する物質)を作り異物を排除しようとするのですが、この抗体反応が必要以上に作用した場合に、アレルギーとして反応を起こすと言われています。

白髪染めやヘアカラーに含まれるジアミン系などの毒素に対して体が対抗しきれなくなって拒否反応を起こしてしまったと考えると分かりやすいと思います。

残念なことに一度アレルギー症状が出た場合には二度と治りません。かゆみなどの症状が軽いからと言ってそのまま毛染めを続けると、先ほどのブログの方のような重篤な症状となってしまう場合があるので大変危険です。

NHKのあさイチでも白髪染めのアレルギーに対して取り上げられていましたので紹介しておきますね。

※過去に一度でもかゆみやかぶれが出た方は以後、絶対にジアミン系が含まれる
白髪染めやヘアカラーを使用しないでください。

ジアミン系が含まれる染料については一切の使用をやめ、念のためその種類の染料においては、パッチテストもやらない方が無難です。

アレルギー症状がでてしまったらヘアマニキュアかトリートメントタイプの白髪染めを

「でも、アレルギー反応が出たらもう白髪染めはできないの?」とお思いの方もいらっしゃると思いますが、美容院などでしてもらうヘアマニキュアなどは、基本的にジアミン系の成分は含まれてません。

ただ、ごく少数ですが殺菌作用として含まれるベンジルアルコールという成分でアレルギーが出たというケースもありますので、注意してください。

いちいち美容院に通うのは面倒だし、予算的にもちょっと厳しい・・・という女性の方々に人気なのは、シャンプーの際などに一緒に使用できる、天然成分由来のトリートメントタイプの白髪染めです。

一度でしっかりと染まるということはありませんが、使用していくうちに白髪は目立たなくなっていきますし、無添加で低刺激のため、頭皮の弱い方でも安心して使用することが出来ます。美容院でヘアマニュキュアをしてもらった後に、伸びてきた白髪のメンテナンスに使用するという方も多いようです。

ジアミンの含まれていないノンジアミンの白髪染めはこちらのページで説明しています。

ジアミンフリーの白髪染め!人気のヘアカラートリートメントを徹底比較!

-白髪染めについて

Copyright© 白髪染めでかゆみが出たら必ず読んでほしいまとめ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.